葉酸では高麗人参な女性に積極的な沢山を

妊娠が分かった後にご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。

ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。

葉酸は母子の体にさまざまな効果が認められていますが、赤ちゃんのためだけに摂取をしているという場合は、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも構いません。

ですが、葉酸は妊娠中の母胎をサポートしてくれるだけでなく、普段の生活においても不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといった働きをしています。

ですから出産後も、葉酸の摂取によって母体の健康を保つサポートをしてくれるという訳ですね。

妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。

妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に十分な葉酸を摂取できない場合は、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる危険性があります。

細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。

この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、日常的な食事以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素だからといって、摂取量に気を付けてください。

サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。ですがサプリには食品に含まれる葉酸量の数倍もの葉酸が含有していますから、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。
参考サイト

実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は胃が荒れるため、食欲不振や吐き気といった副作用があらわれる場合があります。

胎児への影響としては、喘息にかかりやすくなるというケースもあるようです。

葉酸の摂取によってお腹の中の赤ちゃんの先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が科学的な研究によって、明らかになっています。